忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相互


以前はよく目にしました。ページランクの高いサイトからの相互リンク大歓迎、ページランク○以上のサイト以外の相互リンクは受け付けませんなどと記載されたサイトを。今ではとんと見かけなくなくなりました。大体にして、相互リンク自体の評価が低くなっているからです。というか低いです。Googleは、このような無意味なリンクよりも、質の高いコンテンツを提供しているサイトを高く評価するようになりました。それなのにまだ相互リンクだの、ページランクだの、ページランク○以上のサイトでないと相互陸リンク無理だと言っているようでは時代遅れと言わざるを得ません。リンクの数で評価されtる時代は去りました。うちのメインブログを見れば分かります。「数」では検索エンジンからの評価は高くありません。むしろ低くなる一方で、インデクッスを減らされるという事態まで起こっている始末ですから・・・。それに対してなるべくコンテンツの質を重視している実験サイトの評価は高くなってきています。ですので、ページランクが高いサイトだからと言って、コンテンツの質がいいというわけではないということです。うちのメインブログの「質」は悪いですからね(笑)。短文。何より短文。ほぼ毎日更新して新しい情報を提供しているからと言って、評価が高くなるわけではありません。ページランクを重視するのではなく、ちょっと参考程度にするくらいであれば問題ありません^^。Google関係者が、Googleツールバーのページランクはエンターテインメントと発言したこともあります。順位づけのためのページランクとはまた別物だとも発言していました。Google関係者がなぜ敢えてこのような発言をしたのか、その意図は分かりかねますが、いずれにせよ、ページランクを重要視するのはそろそろ終わりだということです。ページランクを上げることばかり考えていないで、コンテンツを強化することに力や時間を費やした方が評価が高くなります^^。

競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に

潜在意識を利用した療法で自己改善
ヒプノ セラピー 東京

涅槃寂静について
悟 り
悟り を 開く
PR